フォルダ登録

フォルダを登録する


  フォルダ登録は、ローカルのHDDからファイルを読み出す際の準備です。
  A_Private(TopPage)にリンク「<l,A_Path>」を作成し、A_Private.dbのA_Path(項目)に移動できるようにします。検索枠にA_Pathと入力し、そこからリンクをたどって移動する手もあります。
  この項目の内容文に例えば「A:/A0001/」と記録すると、DocumentPathNoで「1」を指定することで「AドライブのA0001フォルダ」にアクセスすることができるようになります。続いてPath0/001.jpgなどと入力することで「A:/A0001/0/001.jpg」にあるファイルにアクセスできることになります。
  複数登録は「A:/A0001/,A:/A0002/」などと記述します。PathNo「2」が「A:/A0002/」を指します。


フォルダ登録の意味


  一見二度手間のようですが、このようにすることで、後々HDDのラベルを変更したり、フォルダごと他へ移動した際、所属する全ファイルのPathをいちいち変更する必要がなく、A_Pathに登録した部分を書き換えるだけでリンクを維持することができます。
  また、上記でもPathを0/001.jpgなどとしたように、ファイルの内容を示す名はAaresia側に登録し、File名は順に数値で追加していくことで、バックアップも容易になり、フォルダ数も最小限に抑えることができます。アクセスは直接Aaresiaで行えば済むため、特定のファイルがどのフォルダにあるかを探す必要はなくなるのです。
  このことで、あらゆる種類のデータを最小のフォルダに詰め込み、アクセスはAaresiaから行うことで、便利さとデータ保存のシンプルさを両立させることができます。