最新バージョン公開しました v0.6.0

  久々に最新バージョンのご提供です。


rusqlite v0.15.0へのアップデートに伴うコード修正


  rusqlite v0.15.0で大きな仕様変更があり、修正なしにはコンパイルが通らない状態だったので、しばしバージョンアップを控えておりましたが、今後のことも考え、対応するためにコード修正を行いました。この変更に伴う、Aaresiaにおける仕様変更はありません。


exeファイルの実行方法の変更


  Aaresiaはシングルスレッドで動くソフトのため、exeファイルの実行機能が実用的なものではなかったので、この度、仕様変更により実用的なものに作り変えることにしました。ファイルパスをコピペで実行する仕様にしたため、外部から入手した(悪意ある)dbファイルをむやみにクリックし、なんらかの実行してはいけないファイルを実行してしまうというリスクがなくなりました。今後この仕様を変更する予定はないため、積極的にお使いいただけます。
  オンマウス後にCtrl+C / Win+S / Ctrl+V / Enterの操作で実行できるため、ゲーミングキーボードやなんらかのソフトで操作を記録/再生することにより、少ない手間で対象のソフトが起動できるようになります。


今後のバージョンアップに関して


  随時不便な部分や追加機能、バグなどを発見次第、随時バージョンアップしていく予定でいます。また、近々DBの作成例として、期間限定でA_Pedia.dbの公開を予定しております。