2018年12月9日日曜日

死海文書に新たな事実

死海文書を書いた人物が判明? 発掘された人骨の正体とは

【死海文書】
約1000にわたる小さな断片からなる、古代ヘブライ語で書かれた書籍群。解読は困難を極めた。
・クムラン教団が書いたというのが有力な説。
・死海文書が発見された洞窟の近くで、新たに33人の埋葬者の骨が見つかる。
BCE150~70:執筆される。
CE1947~CE1956:クムランにある11箇所の洞窟で見つかる。

【クムラン教団】
ユダヤ教内エッセネ派系の宗教共同体。

【エッセネ派】
ユダヤ教の、厳格な律法遵守や独身主義によって結ばれた閉鎖的・秘教的な結社。