2018年12月11日火曜日

植物にも麻酔の効果

植物に麻酔薬をうった結果・・・

【麻酔薬】
・どうして効くのかが分かっていない。
19世紀中頃:現在の麻酔薬(ジエチルエーテル)の起源。

【ジエチルエーテル】
現在も麻酔薬として使われている有機化合物。

【オジギソウ/Mimosa pudica】
・触られると反応し通常葉を閉じる。このとき電流が走る。
・ジエチルエーテルに曝されると反応は完全になくなり、通常の反応に戻るまで7時間かかる。

【ハエトリソウ/Dionaea muscipula】
・ジエチルエーテルに曝されると、何度つついても罠を閉じなくなる。効果は15分で切れる。

【モウセンゴケ/Drosera capensis】
・葉に付いたねばっこい触手で獲物をとらえる。
・ジエチルエーテルに曝されると、葉と触手を折り曲げる能力を失う。