2018年12月9日日曜日

常識を超えた巨大惑星が発見される

モンスター級の巨大惑星が発見される。天文学者「ありえない」

【NGTS-1b】
小型星NGTS-1を周回する、主星の1/4もの半径を持つ巨大惑星。
・bは小型星NGTS-1の第一惑星を意味し、地球-太陽間の3%の距離にある。
・1年は地球の2.5日。
・位置:地球から約600光年離れた鳩座の中。

【惑星】
・形成:銀河での大規模爆発の残滓であるガスと塵が原始星の周囲を円盤状に渦巻き、それが凝集して天体になる。

【NGTS-1】
M型の矮星。